Snow Leopard 再インストール

画像Macのファインダーが壊れてしまって、メニューバーの項目が一つも使えなくなってしまい、Macのカスタマーセンターに電話で相談して、いくつかの解決方法を試してみたんですが、結局解決には至らず、カスタマーセンターの方もSnow Leopardの再インストールしかないと言う結論になってしまいました。

今までMacBookのバックアップをとっていなかったので、まず、外付けHDDの購入から始めなければならない事態となって、財布にも痛い事になりました。

壊れてしまった原因は確かな事は言えませんが、どうやらSnow Leopard未対応のソフトで、ファインダーをいじくったことにありそうです。Leopardでウィンドウの外観をカスタマイズするソフト「Clork」(綴りは違うかも知れません)でSnow Leopardのウィンドウの外観もカスタマイズできるか試してみたのが引き金になったようですね。

ウィンドウの外観を変えると言うのは、ファインダーをいじくると言うことですから、Snow Leopardのファインダーを壊す事になったと考えられますね。

外付けHDDを接続して、必要なデータのバックアップを取る段になると、ファインダーメニューが使えない事がいかに大変な事かを思い知ることになりました。

とにかく、バックアップフォルダーを新しく作ることも出来なくて、デスクトップからアクセスできるフォルダーのうち、いらないフォルダーを探して、中身を全部ゴミ箱に放り込み、空っぽのフォルダーにするしか方法がありませんでした。

バックアップをどうにかこうにか済ませて、Snow Leopardの再インストールの方法をどうするかで、また悩んでしまい、結論としては、一旦現在の環境を残したままでSnow LeopardをインストールDVDから再インストールしてみて、それでダメだったらHDDのフォーマットを決行すると言うことで作業をしてみることにしました。

HDDのフォーマットとなるとインストールしていた各種アプリケーションの回復に時間と、場合によってはカネもかかる事になるので、出来れば避けたいところでしたからね。

この手順で作業を進めて、Snow LeopardのインストールDVDからの再インストールで、現在は一応問題なく復旧に成功したように思えます。



今回の事件を通して、新OSで古いアプリケーションを使う時には、新OSへの対応状況を確かめてから使うのが原則だという事を学びましたね。特に、PCのシステムをいじるようなアプリケーションは細心の注意が必要です。


今回は事のついでにMacのバックアップシステム、タイムマシンを使い始めることにしました。タイムマシンは一時間毎のバックアップを自動で取ってくれますから、いつMacBookが壊れても簡単に復元が可能ですからね。


今回はMacのカスタマーセンターにも随分とお世話になりました。

私のMacBookはMacの保障期間延長サービスには加入していなかったので、保障期間を過ぎていたんですが、それでも、無償で答えられる範囲のことを丁寧に教えてくださり、大いに助かりましたよ。

感謝感謝ですね。

m(_ _)m














 iTunes Store(Japan)

今日もランキングポチお願いします(^^)/

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック