Bluetooth Mouse、使い心地は良いですね

画像MacBookを使うときにはUSBマウスを使ってたんですが、MacBookのUSBポートは左側にあるのでどうしてもUSBコードがモニターの裏側をぐるっと回って右側に回すんですが、何かと邪魔になってたんですよね。

ほんとはMagicMouseが欲しかったんですが、仮想環境で使っているVistaではMagicMouseは使えないようだし、MagicMouseの単体での値段もMouseの中では高いほうにはいると思うので、ここは無難にサンワサプライのBluetooth Mouseを使うことにしました。

使い始めるとやっぱりコードレスと言うのは良いですねぇ。

それとこれは購入してから知った事なんですが、Windows7だとマイクロソフト向けのBluetooth更新プログラム1.0 for Windowsをダウンロードすれば使えるんですね。

途中でWindows上で解凍したフォルダから特定のファイルを取り出してインストールしなければならないようですが、その辺の具体的なやり方は「マジックマウス」でググれば簡単に見つけることが出来ます。

私の場合はVistaなので使うことは出来ないのが返す返すも残念ですよ。

Magic Mouseのマルチタッチは使い始めたらきっと他のマウスは使う気にはなれそうに無いですね。

まぁ、Windows7が出る前に仮想環境を作ってしまったんですから諦めるほかはなさそうです。

今さらWindows7で仮想環境を作り直す気にはなれないもんなぁ。

今使っているサンワサプライのBluetooth Mouseも使い勝手は良いんですから、文句を言う筋合いはないですね。ただ、敢えて難点を言えば、短4乾電池2本を電源にしているんですが、電池の持ちがあまりよくないように思います。使わない時はスイッチを切るようにしていれば長持ちするんでしょうが、スイッチを頻繁に使うと接触不良になりそうな作りなのであまりon-offを繰り返す気にはならないんですよね。

Magic Mouseの単体価格がもう少し安かったらMagic Mouseにしたのになぁ(- -)















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック