iPhotoで簡単スライドショー作成

Macの写真管理ソフトiPhotoはなかなかよくできたアプリケーションで、かなりのレタッチも可能だし、ほんの数クリックで簡単にスライドショウが作れてしまいます。



まずiPhotoを立ち上げたら、スライドショーにしたいイベントを選択するか、新しいイベントフォルダをを作成してライブラリーの中から写真を選んで放り込みます。

イベントを選んだ段階で右下のメニューから、作成>スライドショーと選択していきます。

画像



画像


すると、イベントの最初の写真の中央下の部分にイベントの名前が入ったテキストボックスが選択された状態で表示されます。

画像




これがスライドショーの名前になりますが、内容は、テキスト本文はテキストが選択されていれば直接入力して、そして、メニューバーの「編集」からフォント、フォントの色、サイズを変更できます。

画像





ただ、テキストボックスの場所の変更の仕方がよく分からないんですよね。

ドラッグ・アンド・ドロップやカーソルキーでは移動できないみたいですね。



最後にスライドの切り替わりのテーマ(12種類しかありませんが)とバックミュージックをiTunesライブラリーの中から好きな曲を選んで、設定ボタンでスライドの一枚あたりの表示時間を優先する(音楽はリピートされます)音楽の再生時間に合わせてスライドを切り替えるかを選んで完成です。


画像




画像





テーマに「破片」を選ぶと、切り替えはこんな感じです。

画像




スライドショーはダイレクトにiTunesに読み込ませること、もmpg4ファイルでDVDなどに書き出すことができるので、WindowsPCでの再生も可能です。


本当なら、作ってみたスライドショーをアップしたいところなんですが、WebryBlogは動画のアップロードには対応していないみたいなので、ちょっと残なんですね。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック