MacBook Pro大トラブルシューティング No.3

Time Capsule2台めが到着して、AirMac ユーティリティでインターネットに接続。

今回は何の問題もなく一発で設定が完了しました。

ところが、Time Machineバックアップの保存先にTime Capsuleを指定して、バックアップを取り始めましたが、何回やってもエラーが返ってきてバックアップを完了できません。

再びApple care supportに相談。シニアアドバイザーのアドバイスに従い、幾つものトラブルシューティングを実行。
Recoveryディスクのディスクユーティリティを使ってのMacintosh HDの修復、PRAMの再設定、SMCの再設定、などなどシニアアドバイザーさんの考える限りの方法を試しましたがTime Machineバックアップを完了できません。

Time Machineバックアップの初回は10時間ほどかかるので、数日間に渡るやり取りになりました。

結局、有効な方法が見つからずに、Lionの再インストールをを実行することになりましたが、その時点ではデータのバックアップが一つもなかったので、バックアップをどうするか、と言う問題に突き当たりました。

シニアアドバイザーさんの「バッファローの外付けHDDを『復元先』Macintosh HDを『復元元』にしてディスクユーティリティの『復元』を試してみてください。」と言うアドバイスを試すことになりました。

この作業も10時間ほどかかったのではないかと思います。

これは無事に完了することができました。

この方法はバックアップのとり方の一つとして覚えておいて損はないなと思います。

ようやくバックアップが取れたので、Lionの再インストールを実行。

再インストールの終了を待って、新しい環境にエラーを持ち込まないために、バックアップからアプリケーションとユーザーのフォルダのみを移行アシスタントで新しい環境に移行して、再度Time Machineバックアップを試みました。

ところが、今度もTime Machineバックアップを完了することはできません。

このあたりでシニアアドバイザーさんも打つ手がなくなってきた様です。





う~ん……





困ったことになってきました。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック