MacでWindowsのセキュリティ

まだMacBookでWindows Vistaを使っていた頃は、WindowsのセキュリティソフトにはウィルスバリアX5のディアルバンドル版を使っていました。

ワンライセンスでMacとWindowsの両方のウィルス対策が出来るので、重宝していました。

ウィルスバリアがX6にバージョンアップした際に、Windows側のウィルスソフトがBitDefenderからPandaに変わったんですが、Pandaのスキャンにかかる時間が永いので、もう少し速いウィルスソフトなら良いのになと思っていたんですよね。


今回、VMF4で新たにWindows7にしたのを機会に、VMF4に付いてくるMcAfeeの無料1年ライセンス版をインストールしてみました。

最初のスキャンは少し時間がかかった様に思いますが、2回目以降はそれこそあっと言う間に終わってしまいますね。

無料1年ライセンス版は有料版に比べると幾つかの機能が制限されている様なので、この際だと思って、有料版を購入してしまいました。



画像



Mac側のウィルスバリアX6に不満はないんですが、(Macのウィルスソフトの中では有名どころですよね)McAfeeのマルチプラットフォーム版ならワンライセンスでMacとWindows両方のセキュリティを同じソフトで出来るわけですから、今度ウィルスバリアの更新の際にはずいぶん悩む事になりそうです。

やっぱりコストパフォーマンスを考えたらMcAfeeの方かなぁ……














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック